このサイトはワーキングプアについてのサイトです。

ワーキングプア とは?

 ワーキングプアとは、「働く貧困層」ともよばれます。 ワーキングプアとは長い労働時間と低い賃金、生活保護以下の収入で暮らす人たちのことです。 現在、ワーキングプア、あるいはその予備軍が増えています。 このサイトでは、ワーキングプアについて見てゆきます。


ワーキングプアとお金

 私は、日本に生きる多くの人たちが、目先のおもちゃやガラクタのために必死に仕事をしていることに対し、疑問を感じてしまいます。たとえば、A君がワーキングプアでないとしましょう。で、毎月5万円貯金ができる、とします。ここで、彼は目標をたてます。一年で60万円、二年で120万円たまる計算だ・・・・。思い切って、新車の購入を決断します。これが180万円。彼にとってみれば、かなり思い切った決断でした。しかし、こういった選択をする人はかなり多いといえます。この180万円という金額にはどういった重みがあるのでしょうか?そう、それは、毎日八時間労働し、何とか生きていくためのお金を差し引いた金額を、丸々その車のために使う、ということです。それも、三年分。つまり、彼は三年間、車のためだけに仕事をしている、という風にも考えることができるのです(あとは、ただ生きるためだけに、食費とか、生活費のために仕事をしている)これは、明らかに考えが欠如している、といわざるを得ません。もちろん、その車を購入したことにより、仕事をがんばれる、生活に張りがでる、などといった目にみえないメリットもあることでしょう。しかし、車は数年たてばその価値が何分の一にも下がるガラクタになります。恐らく、彼はまた新しい車を購入し、そのためだけに何年も仕事をする、という生活をするのでしょう。その引き換えに彼が得られるのは、多くは他人の賞賛や、優越感、異性へのアピール、といった所でしょう。であれば、資産を購入し、得たお金で資産を購入し・・・、という生き方を目指すほうが、ラットレースから抜け出せる可能性は高くなると思います。資本主義で生きてゆき、戦ってゆくつもりであるのならば、合理的に考えるとこれ以外道はないはずです。彼が、ラットレースが大好きだ、というマゾであるのなら話は別ですが。

 ここで重要なことは、大量生産、大量消費というライフスタイルに疑問をもつ、ということ、他人の目を意識する、ということをやめることです。もう一つ、よりシンプルで、豊かな生活を目指す、という点も大切でしょう。たとえば、ワーキングプアでも豊かな生活と時間を手に入れる生き方はたくさんあります。答えをいってしまうと、たとえば死ぬ気で貯金をし、物価の安い外国で暮らす、というのも一つでしょうし、過疎の村にいって、畑を耕し、お金のかからない生活をする、ということも一つでしょう。恐らく、ワーキングプアとハツカネズミで紹介したハツカネズミよりも、充実した人生を生きることができると思うのですが、あなたはどう思いますか?

     
ワーキングプア とは?  All Rights Reserved. 2013

ワーキングプア とは?TOPサイト利用時の注意点