このサイトはワーキングプアについてのサイトです。

ワーキングプア とは?

 ワーキングプアとは、「働く貧困層」ともよばれます。 ワーキングプアとは長い労働時間と低い賃金、生活保護以下の収入で暮らす人たちのことです。 現在、ワーキングプア、あるいはその予備軍が増えています。 このサイトでは、ワーキングプアについて見てゆきます。


ワーキングプア増加とバブル経済

 なぜ、今ワーキングプアが増加しているのでしょうか。バブル絶頂期から崩壊に至るまでの日本社会の足跡を辿ると分かりやすいでしょう。

 バブル経済真っ只中、日本では、景気の良さを背景に過剰な設備投資、雇用の拡大を行っていました。まさに日本中が熱狂のさなかにあり、右にならって行け行けドンドン、というわけです。しかし、バブル経済も終焉を迎えます。借金をしてまで行った設備投資も、過剰な労働力も、企業の経営を圧迫するだけのものとなりました。企業はコストの削減を迫られます。

 非常に合理的な発想です。最もコストのかかる部門を縮小すれば、それだけ企業の足かせは外れることとなり、浮かびあがります。正社員の採用を抑制することによって人員を減らす一方、足りない労働力は一体どうやって補えばよいのでしょうか?そう、アルバイトやパート、契約社員の割合を増やせば良いのです。トータルでみると、総人件費の抑制につながります。

 バブル経済が崩壊し、長引く不況の中で企業が生き残るために選んだ選択肢、それが、人件費の抑制です。別の言葉で言い換えると、低賃金の労働力を増やす、という選択肢です。すなわち、低賃金層が自然増加する、というわけです。ワーキングプアが増加するのもうなずけます。

     
ワーキングプア とは?  All Rights Reserved. 2013

ワーキングプア とは?TOPサイト利用時の注意点