このサイトはワーキングプアについてのサイトです。

ワーキングプア とは?

 ワーキングプアとは、「働く貧困層」ともよばれます。 ワーキングプアとは長い労働時間と低い賃金、生活保護以下の収入で暮らす人たちのことです。 現在、ワーキングプア、あるいはその予備軍が増えています。 このサイトでは、ワーキングプアについて見てゆきます。


中高年のワーキングプアは厳しい?!

 ワーキングプアは生活保護水準以下で暮らす、ということを説明しましたが、実際に中高年の方がリストラされてしまうとワーキングプアに転落してしまう可能性が十分あることも簡単に触れました。ここで、もう一度中高年のリストラ→ワーキングプア、という図式を整理し、掘り下げて考えてみることにしましょう。

 普通、働き盛りの中高年の男性は、家族を養い、子供を抱えているわけです。こういった層が一旦リストラされてしまうと、かなり悲惨である、ということが予想できます。たとえば、子供が親の手を離れていればその負担は軽くなるでしょうが、そうでなければ、教育費が非常にかかります。大学であれば、卒業するまでに何百万、というお金がかかるわけですし、これに住宅ローンが残っていたりすると、もう最悪です。もちろん、必死に働かなくてはこれらを維持することが不可能となりますので、途中退職者は別の職を探すことになるでしょう。しかし、ある程度の年齢を重ねてしまうとそれだけ次に選ぶことのできる職業は限定されることになります(企業は常に若い人材、新卒を募集していることを見てもこの傾向は明らかです)。最悪はサービス業のバイトなどに従事、というわけです。福祉の仕事や介護の現場では多くの人手を常に求めていますが、正社員になったとしても、そういった職種は低賃金、重労働が常です。(私が体験していますので、これはよくわかります。年とった人がいつまでも続く仕事ではないと思いますし、この仕事だけで住宅ローンの支払い、教育費の捻出が不可能なことは明らかです)

低賃金ではローンが払えず、教育費も捻出できず・・・。となれば、奥さんもパートにでるか、アルバイトを掛け持ちするか、ということになります・・・・。ただ、毎日重労働するために起床し、お金で悩むために生活する。自殺者がでるのもうなずけます。

 中高年という年齢は、働き盛りではありますが、一歩間違えるとワーキングプアに転落してしまう、という恐ろしい年齢でもあります。

     
ワーキングプア とは?  All Rights Reserved. 2013

ワーキングプア とは?TOPサイト利用時の注意点