このサイトはワーキングプアについてのサイトです。

ワーキングプア とは?

 ワーキングプアとは、「働く貧困層」ともよばれます。 ワーキングプアとは長い労働時間と低い賃金、生活保護以下の収入で暮らす人たちのことです。 現在、ワーキングプア、あるいはその予備軍が増えています。 このサイトでは、ワーキングプアについて見てゆきます。


生活保護という選択肢

 ワーキングプアは、生活保護水準以下で暮らしている人たち、ということです。本来であれば生活保護、という福祉を受けられるのにも関わらず、まじめに努力して働いった結果、生活保護よりもきつい暮らしをしなくてはならない、というわけです。であれば、真面目に働くことを放棄して、生活保護を受けよう、という人が現れてもおかしくはありません。これをモラルハザードとして問題視する声も聞かれます。しかし、実際の所、生活保護を受けるのには様々な条件を満たす必要があります。働く能力がある人の場合、その能力に応じて働いている、ということが一つ、もう一つは生活保護の対象となっている世帯が、知人、自分の資産、収入を活用している、という点です。それでも収入が生活保護水準でなければ、生活保護を受けることができるわけです。これがどういうことを意味するかというと、たとえばあなたに家があったとします。で、役所にいって、「生活保護を受けたいんですけど」といいます。すると、たとえば資産の売却、つまり、家を手放すことをまず進められるわけです。「家があるんですか・・・?でも、生きるためには、仕方ないですね。家を売りましょう。」と、こういうわけです。「体丈夫なんですね?じゃあ、まずは働きましょう。」と、こういうわけです。まあ考えてみたら、当たり前ですね。生活保護は国民の税金から捻出されるわけですから。

 にも関わらず、生活保護を受ける人が日本でも増加しています。上であげる条件をクリアしても、まだ生活保護水準に達していない、という世帯が多くなっているということです。今、日本の生活保護者は150万人ほど、世帯数では100万ほど、といわれています。

     
ワーキングプア とは?  All Rights Reserved. 2013

ワーキングプア とは?TOPサイト利用時の注意点